スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.19 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

hiyochari(@hiyochari)さんの主題歌『歩み』

私は学生時代、酷いいじめにあいました。
学校でも、部活でも、塾でも、どこへ行っても…

酷いことを言われて、下を向いて帰った家。
殴られて、ぼろぼろになり、言い訳を考えながら帰った家。

どんなことがあっても、そこだけは温かかった。
そこだけが居場所でした。
家族だけにはずっと笑顔を見せていて欲しかった。
だから、いじめの事はひたすら隠し続けました。

しかし、いじめがエスカレートするにつれ、
追い詰められ、いらいらを家族に向けることが増えていきました。
なんでわかってくれないんだって、理不尽に塞ぎ込んで、
家族と一言も話さない日が何日も続きました。
毎日、一緒に食べていたご飯も、ばらばらに食べるようになっていきました。

笑顔でいてほしかったのに、いつの間にか、言葉も、笑顔も失い。
家族の前ですら自分らしく居られない自分がいることに気付きました。

それが悔しくて、苦しくて…


でも、ぐちゃぐちゃの感情では何もできませんでした。


そして、そのまま何年も、
本音で話したり、相談したり
本気で笑い合ったりしないまま、
大学に合格し、家族の元を離れることになりました。

いつも支えてくれて居たのは家族だったのに。
まともに、ありがとうすら言えてないのに…


大学に入学しても、人と関わるのが怖くて、自分を受け入れてくれる場所なんて無いと、
心の底から誰かと笑い合うこともないと、そう思って生きてきました。

でも、

何とかしたい…
自分にできることって何だろう…

心のどこかで、いつも自問自答を繰り返していました。

心の中をのぞく度に、蘇ってくる感情のない笑った顔や声に苦しめられました。
身体に残った傷痕を見ては悩み、また、人を信じ切れずに、何年も何年も独りきり。

ずっとこのままなのかな…

そう思いながら、たどり着いたのは、



「世の中の人を心から笑顔にすることを突き詰めていこう。」ということでした。



辛い思い出の後、最終的に思いだすのはいつも、
「あんたが笑顔なのが一番良いんよ」って言ってくれていた家族の優しい温かい笑顔。

……そういう温かい場所を作りたい。


気づいたら、ふとそう考える自分がいました。
でも、どうしたら……


そんなある日、病院からの帰り道。
よさこいに出会いました。

戦後の日本を元気にするために始まったお祭り。よさこい。
生まれも育ちもバラバラのみんなが、国籍、性別、障害の有無なんて関係なく、
お互いを認め合い、支えあい、自然な笑顔でひとつになっていました。

でっかい家族みたいでした。


偶然に出会っただけ。
踊りの知識も、経験も全くない。


でも、見た瞬間、感じました。あの中に入りたい。と。
その一心で、私はよさこいの世界に飛び込んでいました。



8畳のアパートから飛び出だして、6ヶ月。
不器用な笑顔の、へっぴり腰。
とても上手い踊りとは言えないけど、
少しずつ、自分らしい歩み方が見えてきた気がします。

ほんの少しずつだけど、誰にも言えず、いじめに耐えてしまった自分にも、
いまの自分にも後悔はないと思えるようになってきました。


苦しかったら、声をかけ合い。
あきらめそうだったら、励まし合い。
嬉しかったら、共に感動を分かち合う。

チームの原動力は、自分たち自身。
共に動力となる仲間たちが一人でもかけてしまってはダメ。
誰かがいなくなっても、次の人で補充できてしまうってことはない。

傷ついていたとしても、過去に何があったとしても、受け入れてくれる人はきっといる。

笑顔が集う温かいでっかい家族みたいな場所を作りたい。
そういう出会いや、笑顔になれるきっかけを自分から創っていきたい。


どんなことがあっても見放さず、家族がそうしてくれていたように。


それは、誰かをちょっとだけ変えるきっかけになるかもしれない。
もしかしたら、その人の周りまで変えてしまうかもしれない。
そんなこんなで、もしかしたら日本だって、世界だって変えていけるかもしれない。


まだ、ことばでは上手く伝えられないけど。
まだ、自信のある一歩とはいえないけど。

私は感謝の思いを込め、踊り、歩み続けていきます。
大切な家族、支えてくれる仲間たち、そして、まだ見ぬ仲間たちへ、


心から、「ありがとう」と。

それでは聞いてください音楽

hiyochari(@hiyochari)さんの主題歌
RAM WIRE『歩み』


※このページのアクセス数、ツイート数、「いいね!」数などにより、
「ザ・歩み・オブ・ザ・イヤー」が選出されます王冠2
※「『歩み』をあなたの主題歌に!」キャンペーンの詳細・ご応募はこちら眼鏡

スポンサーサイト

  • 2012.10.19 Friday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
hiyochariさん。温かい文章ありがとうございます。

私もいじめに合い、自分がすごく嫌いになりました。今は落ち着いていますが、昔はかなり苦しんでいました。

ブログも拝見させてもらいましたが、本当に酷いいじめだったのですね。

それに耐え、今、人を心から信じようと出来る。
本当に家族想い、仲間想いの優しいな方なんですね。

hiyochariさんが素敵な仲間に恵まれ、夢をかなえていかれること、心より応援しています。
  • itsuki
  • 2011/12/01 1:13 PM
itsuki様

コメントをいただいていたことに気づくことが遅くなり大変申し訳ございません。

直接、お返事を差し上げたい気持ちで一杯ですが、こちらに失礼いたします。

いじめに合われ、辛い思いをされた。
私には想像もつかない苦しみや悲しみが合ったのかもしれません。
でも、今、きっと、itsukiさんは誰よりも優しい方になられているんだと思います。

短い文章でも優しさにあふれてますから。

コメント本当にありがとうございました。itsukiさんも、自分らしく歩みを進めて行ってくださいね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最新の投稿記事リスト

「『歩み』をあなたの主題歌に!」キャンペーン

エピソードをつぶやいたら主題歌決定!? 詳細はこちら
http://www.ramwire.com/

categories

archives

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR